【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:政治 > スキャンダル



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 shake it off ★ :2018/10/02(火) 17:51:58.24 ID:CAP_USER9.net

    9月30日に投開票が行われた沖縄県知事選。自民党の敗北に、“人寄せパンダ”の期待を果たせなかったこの人を非難する声も。略奪不倫で表舞台に出にくくなった今井絵理子・参議院議員(35)である。

     ***
     “ハシケン”こと、神戸市議会議員だった橋本健氏(38)と今井議員の関係を週刊新潮が報じたのは、昨年7月のことだった。その翌月、橋本氏は政務活動費不正受給が公となり、議員の職を追われることに。現在は詐欺罪で起訴された「刑事被告人」である。

     また私生活では、2人の子をもうけた妻との離婚が昨年末に成立している。今井議員は略奪した身だが、

    「騒動後も、今井さんは、奥さんに一度も謝罪をしていないんです。自分が不幸にしてしまった人に詫びることは最低限の礼儀でしょう」(元妻の知人)

     そんな今井議員の自宅で橋本氏の姿が目撃されたのは、9月22日のことである。橋本氏は2連泊したのち、今井議員のBMWを運転し共にショッピングへ。同行した今井議員の息子と手話でコミュニケーションをとる様子は、まるで仲睦まじい父子である。
    ちなみに今井議員が橋本氏と過ごした3日間は、沖縄知事選挙最終盤で追い込みをかけるはずの貴重な休日でもあったのだが……。

     本誌の重ねての取材依頼に応じた今井議員は、交際を認め、

    「再婚についても、裁判があるので今はまだ考えられないんですけど、判決後に彼と向き合って話をしていきたいな、と考えております」

     ただし交際のスタートは今年に入ってから、と時系列については嘘をつく。

    「昨年の時点では、関係はありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています」

     橋本氏の元妻については「回答を控えたい」――。10月3日発売の週刊新潮では、自身の正当化に終始した今井議員の弁明、逢瀬の現場グラビアと共に詳しく報じる。

    「週刊新潮」2018年10月11日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00549617-shincho-pol


    【【今も続いていた…】今井絵理子の略奪愛「まるで夫婦のような」デート現場】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 WATeR ★ :2018/10/03(水) 07:32:06.96


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    アメリカの新聞、ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領の未公開の財務記録などを分析した結果、トランプ氏が両親から資産を相続する際、不適切な手法をとるなどして日本円にしておよそ470億円にのぼる資金を得ていたことがわかったと報じました。専門家は、脱税の疑いがある行為だと指摘しています。

    アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズの電子版は2日、トランプ大統領が公開していない過去の確定申告書や財務記録など、10万ページ以上に及ぶ資料を入手し、関係者に聴き取りを行ったとする調査報道記事を掲載しました。

    それによりますと、トランプ大統領と兄弟は、ニューヨークで不動産業を営んでいた両親から、主に1990年代に、合わせて10億ドル以上を相続しましたが、法律で定められた税率を適用すればその55%を納税しなければならなかったところを、そのおよそ10分の1に満たない5220万ドルしか納税しなかったということです。

    納税を回避するため、見せかけの会社を設立するといった方法は主にトランプ大統領が考案し、そのほとんどのケースで不適切な手法がとられた結果、トランプ氏自身は現在の貨幣価値にして少なくとも4億1300万ドル(およそ470億円)を受け取ったとしています。

    さらに専門家の話として、「こうした相続の手法は税法上疑わしく、脱税の疑いがある行為だ」と指摘しています。

    一方で、トランプ大統領の弁護士は、ニューヨーク・タイムズに対して声明を出し、「100%、事実誤認であり、ひどい中傷だ」と批判したとしています。

    アメリカではおよそ1か月後に議会の中間選挙が控えており、今回の調査報道が、トランプ大統領にとって打撃となる可能性が出ています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181003/k10011656251000.html
    2018年10月3日 7時22分


    【【トランプ大統領】470億円脱税の疑い、大統領の弁護士は反論】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 shake it off ★ :2018/10/02(火) 17:51:58.24 ID:CAP_USER9.net

    9月30日に投開票が行われた沖縄県知事選。自民党の敗北に、“人寄せパンダ”の期待を果たせなかったこの人を非難する声も。略奪不倫で表舞台に出にくくなった今井絵理子・参議院議員(35)である。

     ***
     “ハシケン”こと、神戸市議会議員だった橋本健氏(38)と今井議員の関係を週刊新潮が報じたのは、昨年7月のことだった。その翌月、橋本氏は政務活動費不正受給が公となり、議員の職を追われることに。現在は詐欺罪で起訴された「刑事被告人」である。

     また私生活では、2人の子をもうけた妻との離婚が昨年末に成立している。今井議員は略奪した身だが、

    「騒動後も、今井さんは、奥さんに一度も謝罪をしていないんです。自分が不幸にしてしまった人に詫びることは最低限の礼儀でしょう」(元妻の知人)

     そんな今井議員の自宅で橋本氏の姿が目撃されたのは、9月22日のことである。橋本氏は2連泊したのち、今井議員のBMWを運転し共にショッピングへ。同行した今井議員の息子と手話でコミュニケーションをとる様子は、まるで仲睦まじい父子である。
    ちなみに今井議員が橋本氏と過ごした3日間は、沖縄知事選挙最終盤で追い込みをかけるはずの貴重な休日でもあったのだが……。

     本誌の重ねての取材依頼に応じた今井議員は、交際を認め、

    「再婚についても、裁判があるので今はまだ考えられないんですけど、判決後に彼と向き合って話をしていきたいな、と考えております」

     ただし交際のスタートは今年に入ってから、と時系列については嘘をつく。

    「昨年の時点では、関係はありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています」

     橋本氏の元妻については「回答を控えたい」――。10月3日発売の週刊新潮では、自身の正当化に終始した今井議員の弁明、逢瀬の現場グラビアと共に詳しく報じる。

    「週刊新潮」2018年10月11日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00549617-shincho-pol


    【【今でも続いていた】今井絵理子議員、元神戸市議・橋本氏との交際認める】の続きを読む

    このページのトップヘ