【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:社会 > 法律



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/28(金) 06:03:16.34 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)が27日、勾留先の警視庁原宿署から保釈された。深く頭を下げ、小さな声で「申し訳ありませんでした」と謝罪した。早ければきょう28日にも、所属事務所から無期限謹慎など厳しい処分が下されるとみられる。

     吉澤被告の量刑について、フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士は「1年6月から2年の懲役、執行猶予4年程度になるのではないか」と話した。26日に吉澤被告は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された。田村氏は「過失運転致傷、酒気帯び運転、救護義務違反が適用される可能性が高い」と説明した。

     今月6日に逮捕され、16日が勾留期限だったものの、10日間延長。逮捕後の吉澤被告は時間がたつにつれて供述内容が変わっており「曖昧な供述をしたため、裏付け捜査に時間がかかったのだろう」と分析した。保釈金の300万円については「妥当な範囲の中で高めの金額」と指摘した。

     警視庁は吉澤被告の免許の効力を10月5日まで停止する仮処分を執行した。仮停止処分はひき逃げや飲酒運転など危険な運転で人身事故を起こした場合に、警察署長などが再び同様の事故を起こす可能性を考慮して執行する。警視庁は今後、免許取り消しの行政処分も行うとみられる。その場合、最低でも5年は免許の再取得ができなくなる可能性が高い。

     ○…保釈金は、被告人が出頭しない場合には没収されるため、被告人の経済状況や罪の重さなどで決められる。交通事故での相場は150万円ほどとされるが、飲酒やひき逃げなど悪質性が加わればその分、金額が上がる。過去に有名人の支払った保釈金としては、覚せい剤取締法違反の元プロ野球選手の清原和博氏は500万円。同法違反の歌手のASKAは700万円だった。また、著作権詐欺の音楽プロデューサー小室哲哉は3000万円、脱税の野村沙知代さんは5000万円だった。

    9/28(金) 5:57配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000183-spnannex-ent


    【【執行猶予か実刑か】吉澤ひとみ被告への量刑を専門家が分析】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2018/09/27(木) 18:46:54.13 ID:CAP_USER9.net

    2018年9月27日,いわゆる「マリカー」訴訟で,東京地方裁判所が判決を下した。

    任天堂のプレスリリースによると,株式会社マリカー(現商号:株式会社MARIモビリティ開発)がマリカー
    という名称を使って公道カートのレンタルサービスを行い,またマリオなどのコスプレ衣装を貸与していたことに対して,
    任天堂が同社に差し止めおよび損害賠償の支払いを求めていた件で,
    東京地方裁判所は任天堂の訴えを認め,損害賠償金の支払いを命じたとのことだ。

    なお現在のところ,MARIモビリティ開発が控訴するかどうかは明らかになっていない。

    #### 以下,リリースより ####
    https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2018/180927.html

    https://www.4gamer.net/games/999/G999903/20180927087/


    【【注目裁判】「マリカー」訴訟で任天堂が勝訴、株式会社マリカーに賠償命令】の続きを読む

    弁護士への相談 「トラブル発生前」のワケ 弁護士への相談 「トラブル発生前」のワケ
    …いただければと思っています。■小松隼也氏プロフィル弁護士。大学在学中に司法試験に合格した後、大手弁護士事務所に入所。趣味で写真の専門学校に通う。その中…
    (出典:社会(日本テレビ系(NNN)))



    (出典 www.meiji.ac.jp)



    【トラブルを未然に防ぐ弁護士の仕事に注目しよう!】の続きを読む

    このページのトップヘ