【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:芸能 > その他



    (出典 www.ticketlife.jp)



    1 muffin ★ :2018/10/14(日) 19:11:38.43 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/topics/detail/15443369/
    2018年10月14日 18時26分

    生産終了をきっかけに、歌舞伎界から悲鳴が上がっていた資生堂の舞台用化粧品が、製造再開になるようだ。2018年10月14日、歌舞伎俳優の市川笑野(いちかわ・えみの)さんが自身のツイッターで言及した。
    注目を集めているのは、舞台化粧品「粉白粉」と、唇に差す「紅」。9月に生産終了となっていた。

    12日のJ-CASTニュースの取材時点では、該当の商品は伝統芸能に適した商品で、特に粉白粉は1973年発売のロングセラー商品だったが、「戦略的なマーケティングの結果、生産中止の判断に至りました」とのことで、販売再開の目処は立っていなかった。笑野さんは14日、ツイッターを更新すると、
    「資生堂から松竹に『資生堂は日本の大事な伝統文化をしっかり支援させて頂きたいです。』との連絡があり、舞台用化粧品を製造再開して頂ける事になりました!」と報告。
    続けて、「リツイート、いいね、有難いご意見を頂戴しました皆様のご後援の賜物です!これからも芸道精進致します!本当にありがとうございました!」と感謝の気持ちを表した。

    「粉白粉」の販売終了は、笑野さんが10月11日、自身のツイッターにて「とても困っております!」と投稿したことをきっかけに話題に。
    「伝統芸能を支える品物です!どうか資生堂さんにこの声が届いてほしいです!」

    と投稿し、拡散を呼び掛けていた。この投稿に賛同のリプライが多く寄せられ、3万を超えるリツイートがあった。

    同じく歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも13日、「資生堂様みんな困ってるそうです。」と題した自身のブログ記事で、「みんな困ってます、なんとかならないものですかね、、」とコメントしていた。

    現時点で資生堂から正式な発表はないが、製造再開を伝える笑野さんの投稿には、「さすが資生堂さんですね。お声が届いて良かった」と安堵するリプライが多く寄せられている。


    関連スレ
    【芸能】海老蔵、困った!愛用化粧品の生産中止をうけ「なんとかならないものですかね…」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539462900/


    【【歌舞伎俳優たちがツイート】生産中止の舞台用化粧品、生産再開への動き】の続きを読む



    (出典 chirimencho.net)



    1 Egg ★ :2018/10/11(木) 06:30:01.55 ID:CAP_USER9.net

    「覚醒剤はやめられるんですか?」

     覚醒剤取締法違反(使用)で起訴された三田佳子(77)の次男、高橋祐也被告(38)は報道陣からの問い掛けに一切答えず、警視庁渋谷署を後にした。深々と頭を下げてはいた。だが、覚醒剤事件での逮捕は今回で4回目。三田が保釈保証金300万円を支払ったのか分かっていないが、「また甘やかすから駄目なんだ」といった厳しい声が関係者からも相次いでいる。

    「保釈申請が弁護人から出されたのが今月2日。保釈は先週の5日とみられていたのですけど、保証金が納付されず、見送られていたんです。三田さんは、もう手を差し伸べないようにと周囲から進言され、それで立て替えなかったからではないかとみられていた。まあ、結果的に300万円は納付され、こうして保釈されている。三田さんからの救いの手があった可能性はあると思います」(スポーツ紙記者)

    高橋被告の逮捕を受け、三田は「もう力及ばずの心境です。自らの責任と覚悟をもって、罪を償って生き抜いてもらいたい」とコメントしていた。額面通りに受け取れば、もう面倒は見ないとの宣言にも見える。しかし同被告が1998年に最初に逮捕された際から取材しているという記者はこう続けた。

    「高校生の祐也に月額50万円の小遣いを渡していたことが明らかになり、三田さんはバッシングを浴びました。ところが2度目に逮捕された2年後も30万円を渡していたことが明らかになった。さらにその後も唐十郎の劇団に入れたり、CDデビューさせたりとバックアップし、2010年に結婚後は月額160万円もの援助を祐也にしていたんじゃないかと一部で報じられている。そんな親バカの過去からみて、また祐也被告から、すがられたら、なんだかんだ言っても応じてしまうかもしれません」


     更生しようにも、顔も名前も知られている2世タレントはなかなか普通の仕事にありつけない。覚醒剤事件の前科があればなおさらなのだろう。最近は芸能界に戻るのも簡単じゃない。そうしたこともあって、また犯罪に手を染めてしまうのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

    つづく

    公開日:2018/10/11
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/239217

    写真
    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【保釈金は誰が?】三田佳子次男、今度こそ覚醒剤をやめられるのか?】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Egg ★ :2018/10/12(金) 06:35:38.25 ID:CAP_USER9.net

    ご当地アイドルだった少女が自殺したのは、事務所のパワハラなどが原因だったと、遺族が涙ながらに訴えた。

    大本萌景(ほのか)さんの母親・大本幸栄さんは、「親族は、3月21日に最愛の娘を失いました」と話した。

    愛媛県のご当地アイドルのメンバーだった大本萌景さん(当時16)は、2018年3月に自殺した。

    遺族は、大本さんが過密なスケジュールを相談したところ、事務所側から「世の中ナメるにもほどがあるぜ」などと返されるなど、パワハラ行為などが原因で自殺したと主張し、12日、松山地裁に提訴する。

    一方、当時の所属会社の佐々木貴浩代表取締役は、「今回の提訴に関しては、真実にあったこと、ちゃんと裏付けがあること、萌景ちゃんとのやりとりで言ったこと、交わしたことはお伝えしていこうと思います。

    それは裁判の場で」、「(やめるなら1億円支払えと電話で言われたと、遺族が主張しているが?)一切ございません」などと反論した。

    動画ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181012-00402972-fnn-soci


    【【ご当地アイドル自殺から半年】遺族が所属事務所をパワハラで提訴】の続きを読む



    (出典 dcup0115.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/25(火) 12:39:29.30 ID:CAP_USER9.net

    9月に長期休養から復帰した『SKE48』の松井珠理奈。6月に行なわれた『第10回AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』で1位に輝き、
    日本アイドル界の頂点にいる彼女だが、一部ファンの間では「全盛期はとっくに過ぎている」という評価だ。

    松井は、まだ11歳だった2008年に『SKE48』オープニングメンバーオーディションに合格。直後に『AKB48』のシングル曲『大声ダイヤモンド』でセンターを任されるなど、圧倒的な人気を獲得した。
    その理由は子ども離れした整ったルックスで、彼女がこれからの『AKB48』を担うと思われていた。

    しかし、年を取っていくにつれ、「珠理奈の顔が劣化した」「顔が完全におばさん」「顔がめちゃめちゃ伸びた」といった声が続出することに…。
    ファンから見ると、松井はデビュー直後に比べて、“顔が伸びて”おばさん顔になったらしい。

    顔が伸びてしまう美少女たち

    「女性が成長とともに“顔が伸びる”ケースは、意外と多くあります。
    例えば、女優の夏帆も松井と同じようなことをいわれるタレントの1人。
    子役のころは圧倒的なかわいさで人気を博した夏帆ですが、成長とともに顔が縦に伸びておばさん顔に。
    ネットの掲示板などでも、『童顔だったのに子育てに疲れた主婦みたいな顔になっていて驚く』『劣化という言葉は嫌いだけど、劣化したと言わざるを得ない』
    『20代前半でこんなに顔が伸びちゃうなんて思わなかった』といった声が同性からも上がっています」(芸能記者)

    若くして顔が伸びた女優といえば、橋本愛もよく名前が挙がる。
    13年に映画『桐島、部活やめるってよ』や、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演して大ブレークした橋本。
    当時はまだ17歳だったが、そこから顔が急速に変化したという。

    現在の顔は、俳優の松山ケンイチに似ているともいわれるほど面長だ。
    今でも美人であることに変わりはないが、やはり「昔が完璧美少女だっただけに少し残念」「美人は顔が伸びる宿命でもあるのか?」といった声が上がってしまった。

    現在18歳の浜辺美波も、最近少しづつ「顔が変わってきた?」という意見が見られるようになっている。
    10代から20代に移るときが、女優にとって1つの山場なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1526634/
    2018.09.24 15:30 まいじつ


    (出典 dot.asahi.com)


    (出典 i.daily.jp)



    (出典 i1.wp.com)


    (出典 tarot-channeling.com)


    (出典 tarot-channeling.com)


    前スレ                      2018/09/25(火) 09:03
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537833797/


    【【特集】元美人・元美少女と言われてしまう芸能人たち】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/09/25(火) 15:37:02.58 ID:CAP_USER9.net

    昨年7月に死去した作曲家の平尾昌晃さん(享年79)の遺産をめぐってのトラブルについて、三男で歌手の平尾勇気(37)が25日、
    都内で会見を開いた。勇気は平尾さんの3度目の結婚相手で平尾昌晃音楽事務所、音楽出版管理会社の代表取締役社長を務めるMさんを相手取り、
    社長としての職務停止を求める仮処分申請を申し立てている。

     今回の会見、法的措置について、「天国の父のために、父の血を受け継いだ兄弟が笑顔で会えることを願っての行動です」と説明。
    「僕はやらないで後悔するより、やって後悔する道を選びました。そんな僕を許してください」と語った。
     スーツ姿で登場した勇気は「キラキラしているネクタイ、ジャケットも父のものです。父は天国にいますけど、
    そばで見守ってくれていると思って、反感を買うかもしれないですけど父の衣装できさせていただきました」と父・昌晃さんへの
    強い思いも口にした。

    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/25/0011672389.shtml

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【故・平尾昌晃さんの三男・勇気氏、父の3人目の妻に宣戦布告】の続きを読む

    このページのトップヘ