【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:経済 > コンビニ



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 ティータイム ★ :2018/10/15(月) 16:26:45.21 ID:CAP_USER9.net

    時事通信 2018/10/15-09:07

    コンビニ大手ローソンの子会社で8月に銀行免許を取得したローソン銀行が15日、営業を開始した。スマートフォンのアプリなどを通じ口座開設の申し込みを受け付ける。
    小売り系の銀行では、セブン銀行やイオン銀行が先行し、存在感を示している。顧客の利用拡大に向け、後発のローソン銀がどのような独自性を打ち出すかが注目される。

    ローソン銀は営業開始に合わせたキャンペーンとして、コンビニ店舗に設置した現金自動預払機(ATM)の利用者に、ローソンの人気商品「からあげクン」の割引券を提供する。
    今後は地元商店街と協力して商品割引券を発行するなど、地域との連携にもATMを生かす考えだ。
    当面は全国約1万3000台のATMから得られる手数料収入がローソン銀の収益の柱となる。

    新たな事業として、現金を使わないキャッシュレス決済にも取り組む。
    小売店に手数料負担が生じるクレジットカード会社を介さず、独自の決済基盤を構築し、運営コストが低いキャッシュレス決済の実現を目指す。

    営業を始めたローソン銀行のATMを操作する男性客=15日午前、東京都品川区のローソン店舗

    (出典 www.jiji.com)


    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101500181&g=eco


    【【今後に注目】ローソン銀行が営業開始 先行する小売店系銀行とどう差別化を図る?】の続きを読む



    (出典 www.okuibuki.co.jp)



    1 ひろし ★ :2018/10/04(木) 21:33:38.99

    コンビニ全食品に軽減税率 財務省、店内飲食禁止が条件
     

    来年10月の消費税増税時に外食・酒類を除く飲食料品に導入される軽減税率を巡り、財務省は4日までに、椅子やテーブルを置くコンビニやスーパーなどのルールを固めた。店内飲食の禁止を明示し「休憩所」として運営することを条件に、持ち帰り販売と区別せず8%の軽減税率に統一できるようにする。その場で飲食する前提の「イートインコーナー」を外食と扱う方針は変えず、増税後の10%を適用する。

     イートインは顧客の人気を集めており、業界団体は二つの税率を使い分けてサービスを続ける意向だ。ただ、客の税負担増や煩雑さを敬遠して飲食禁止に切り替える店が現れ、混乱する可能性もある。

    https://this.kiji.is/420535649871922273?c=39550187727945729


    【【混乱必至】コンビニ全食品への減税、店内飲食禁止が条件】の続きを読む


    ローソンは、店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を4月から開始し、現在3店舗で導入しているが、9月以降に順次実施店舗を拡大し、2018年度内に大都市圏を中心に100店舗に導入すると発表した。

    実験店舗での時間帯別スマホペイ売上高は、朝の時間帯(7時~9時)で約3割、昼の時間帯(11時~12時)で約4割、利用者層は30~40代の男性が約6割だという。

    スマホペイ利用時の混雑時の入店から退店までの時間は約1分で、レジで決済をする場合に比べて約4分の1に短縮されたという。

    今後は、朝や昼の時間帯に混雑する大都市圏の店舗を中心に導入店舗を拡大し、今年11月にはローソンスマホペイのアプリを更新するという。
    (丸山篤)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)



    (出典 st3.depositphotos.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ローソンで「セルフ決済」試験的導入 段階的に拡大へ】の続きを読む

    このページのトップヘ