【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:経済 > 注目企業



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 ばーど ★ :2018/10/11(木) 22:24:30.34

     世界最速の時速360キロ運転をめざす新幹線試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」の開発状況を、JR東日本が発表した。10両編成のうち7両の外形ができあがり、来年5月には完成予定という。

     騒音問題を解決するため、鼻の長さを変えた2種類の先頭車を製作。現行の主力車両「E5系」の15メートルより長く、一方(1号車)は16メートル、もう一方(10号車)は22メートルだ。色はメタリックを基調とし、グリーンの帯をあしらっている。

     実験走行は東北新幹線で行う予定。通常ブレーキに加えて空気抵抗を利用する空力ブレーキの実用化や、将来の自動運転化に必要な車両制御技術の開発をめざすという。(細沢礼輝)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    2018年10月11日17時11分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLB3524PLB3UTIL02B.html


    【【夢の時速360キロ目指して】JR東日本、次世代新幹線の外形を公開】の続きを読む



    (出典 tblg.k-img.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/11(木) 06:56:07.75

    飲食によって腹痛や下痢、嘔吐、発熱といった症状が起きる食中毒は、梅雨から夏にかけて高温多湿の時期に多発する。
    食事を提供する外食産業が経営の根幹に据えるべきは「食の安全」であるにもかかわらず、
    今年も大手外食で食中毒事件が起きた。その対応で“経営者力”が問われる。

    外食最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は9月10日、グループの回転ずしチェーン「魚屋路」(ととやみち)で食中毒が発生したとして、
    東京、神奈川、埼玉、山梨の4都県にある全24店の営業を自粛したと発表した。

    横浜市の磯子上中里店と横浜十日市場店で、8月31日から9月2日にかけ宅配・テイクアウトで提供された食事を食べた
    28人が下痢などの症状を訴え、社内検査で生ウニから腸炎ビブリオ菌が検出された。

    魚屋路は全24店を所管する保健所に届け出を行い、19日までに17店が営業停止の行政処分を受けた。
    営業停止期間が過ぎた店もあるが、営業再開の時期は未定としている。

    魚屋路は、ファミリーレストランの「ガスト」「バーミヤン」を手がける、すかいらーくレストランツが運営している。
    食中毒や店舗休業などの告知は当初、すかいらーくHDのホームページ(HP)ではなく、魚屋路単体のHPだけだった。

    全店の休業についても魚屋路のHPで公表したが、12日夜になってすかいらーくHDのHPでも告知するようになった。
    マスコミ向けの発表はなく、記者会見さえ開かれないままだ。

    すかいらーくHDでは、食中毒は各チェーンで対応するのが原則だという。
    小さなチェーンの食中毒に、グループ本社は頭を下げないということなのか。
    食の安全を軽視したと受け取れかねず、上場企業としての説明責任が問われる。

    ●モスフード、食中毒多発で株価急落

    モスフードサービスは9月10日、長野県茅野市の加盟店「モスバーガーアリオ上田店」で食中毒が発生したと発表した。
    上田保健所から、8月20日に同店を利用した4人について、腸管出血性大腸菌O(オー)121による食中毒と断定された。同店は9月10日から営業停止処分を受けた。

    長野県には8月末以降、県内の医療機関からO121に関する届け出が相次いだ。

    今回確認された4人には、8月20日にモスバーガーアリオ上田店でハンバーガーやポテトを食べたとの共通点が見つかった。
    感染したのは長野、上田両市の小学生など4人。うち3人が入院した。

    モスフードサービスは9月14日、モスバーガーの関東・甲信越地方8都県にある19店舗を8月10日から23日に利用した計28人が食中毒の症状を訴えていると、発表した。
    8都県は、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野。

    厚生労働省によると、28人中12人から検出されたO121の遺伝子の型が一致した。
    モスフードサービスは14日、「(店舗が)チェーン本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い状況だ」と明らかにした。

    9月16日、長野県茅野市の「モスバーガー茅野沖田店」で食中毒が発生し、長野県諏訪保健所から、18日までの営業停止処分を受けたと発表した。

    同店の商品を食べた20代の男女2人が下痢や腹痛などの症状を訴え、うち1人が入院。
    県環境保全研究所の検査で2人の便から検出されたO121は、同じ遺伝子型だった。

    モスバーガーはこれまでにも、食中毒が原因で営業停止処分を受けたことがある。
    2004年12月18日から20日の間に、香川県高松市の「モスバーガー屋島西町店」でノロウイルスによる集団食中毒が発生、被害は148人に及んだ。
    高松保健所から5日間の営業停止処分を受けた。同店は営業再開せず、閉鎖した。


    https://biz-journal.jp/2018/10/post_25044.html
    2018.10.11 00:10 ビジネスジャーナル


    【【食の安全】大手外食チェーン店で相次ぐ集団食中毒 これまでの経緯まとめ】の続きを読む



    (出典 tblg.k-img.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/08(月) 06:55:28.32


    (出典 www.asahicom.jp)


     カレーチェーン「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)は5日、12月に欧州1号店をロンドンに開き、独仏にも出店をめざすと発表した。中国や東南アジアを中心に160超の海外店を出してきたが、欧州でも日本式カレーの売り込みを加速する。

     中間決算の発表にあわせ浜島俊哉社長が明らかにした。英国を起点にカレーの本場インドをめざす構想だったが、「英国に行くたび欧州が魅力的に見えた」(浜島氏)と欧州展開を優先する。まずは直営で店を出し、その後はフランチャイズで展開する考えだ。

     この日発表した2018年8月中間決算は、売上高が前年同期比0・4%増の248億円、純利益は4・9%減の15億円。「手仕込ささみカツカレー」などの期間限定メニューが好評だったが、人件費の上昇が利益を押し下げた。

    朝日新聞 2018年10月06日17時16分
    https://www.asahi.com/articles/ASLB55GY5LB5OIPE01Q.html


    【【欧州へ日本のカレーを!】CoCo壱番屋、ロンドン上陸へ】の続きを読む



    (出典 www.takushoku-u.ac.jp)



    1 プティフランスパン ★ :2018/10/05(金) 23:36:12.08

    10/5(金) 23:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00050118-yom-bus_all

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     吉野家ホールディングス(HD)は5日、2018年8月中間連結決算で、最終利益が8億5000万円の赤字になったと発表した。中間期の赤字は8年ぶり。主力の牛丼販売が堅調で、売上高は前年同期比2・7%増の1003億円となったものの、人手不足に伴う人件費の増加や牛肉など原材料費の上昇が響いた。

     中間期の連結売上高が1000億円を超えたのは初めて。同社は人件費の抑制に向け、客が自分で料理を運ぶ「セルフサービス式」の店舗を、約1200店ある吉野家の約4割で導入する方針を明らかにした。河村泰貴社長は5日の記者会見で「未曽有の人手不足の中(業績改善に)取り組んできたが、目指していた数字に届かなかった」と述べた。

     営業利益は5500万円の黒字を確保したが、前年同期の約21億円から97%も減った。アルバイトの時給上昇に加え、採用後の従業員教育などの費用がかさみ、売上高に占める人件費の割合は前年同期比0・4ポイント高い32・5%となった。人件費の増加分だけで、営業利益で約3億円の減益要因になった。中国などで牛肉の需要が高まった結果、米国産牛肉の価格が高騰し、原材料費の負担が約10億円増えたことも響いた。


    【【8年ぶりの赤字転落】吉野家、店舗の4割に『セルフ吉野家』導入へ】の続きを読む



    (出典 home-pro.pro)



    1 ばーど ★ :2018/10/03(水) 22:11:31.23

    10/3(水) 14:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00010000-alterna-bus_all

    セブン-イレブン・ジャパンは、レジ袋の有料化を検討する方針を明らかにした。
    プラスチック製使い捨てストローの代替も検討する。海洋プラスチック汚染問題で、
    使い捨てプラスチックに社会が厳しい目を向けるなか、対応を急ぐ。実現すれば
    コンビニ大手としては初の試みで、他のチェーンの追随も予想される。

    海洋プラスチック汚染は日本でも今年になって急にメディアに大きく取り上げられるようになった。
    もともと米国や欧州での関心は高く、英国では2019年から使い捨てプラスチックの販売や配布を
    禁じる法案が成立したほか、EU(欧州連合)もこれに追随する動きだ。海洋プラごみの多くは使い捨て品で、
    年月を経て粒子化(マイクロ・プラスチック)することで、生態系への悪影響が懸念されている。

    企業別ではスターバックスコーヒーがいち早く使い捨てストローの廃止を打ち出したほか、
    TGIフライデーズも2019年12月までにストローを紙製や生分解性プラスチック、または
    「100%リサイクル可能な素材」に変える方針を公表した。

    オルタナ本誌では最新54号(9月末発売)の第一特集「ストローは序章:世界同時『廃プラ』の衝撃」で
    グローバル規模での使い捨てプラスチック問題を取り上げるとともに、国内の主要外食企業と
    主要コンビニチェーンにアンケート調査を行った。

    その結果、セブン-イレブン・ジャパンだけが「レジ袋の有料化を検討」「ストローの代替を検討」と回答した。
    ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラなど他のコンビニチェーンは「検討しない」
    もしくは「不明」と答えた。

    小売業のレジ袋有料化は、ユニーが2007年に一部店舗で実施し、先鞭をつけた。2012年ごろには西友、
    イトーヨーカドー、イオンなど大手スーパーが相次ぎ有料化に転じたが、大手コンビニに動きは無かった。
    最大手のセブン-イレブンが先行すれば、レジ袋有料化の動きがコンビニ業界に一気に拡大する可能性もある。

    これまでコンビニチェーンでレジ袋の有料化が広がらなかったのは「1社だけ有料化すると競合チェーンに
    来店客を奪われる」などとの懸念があったため。コンビニチェーン本部がFC加盟店舗にレジ袋を有料で販売しており、
    本部にとっての収益源にもなっていた側面もある。

    主要外食産業による使い捨てストローの取り組みとしては、コロワイド、すかいらーく、ゼンショーHD、プレナス、
    ロイヤルHD、ワタミグループが「石油由来のストローの代替品を検討する」と答えた。一方、サイゼリヤだけが
    「検討しない」と答えたほか、ドトール・日レスHDが「不明」、日本マクドナルドHDと吉野家HDは「無回答」だった。

    ★1が立った時間 2018/10/03(水) 15:57:30.63
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538564995/


    【【プラスチックごみ減量の流れ】セブンイレブン、レレジ袋有料化を検討】の続きを読む

    このページのトップヘ