【ニュースまとめ】ネタの宝石箱

芸能ニュースをはじめとして、政治・社会・経済などの各ニュースを 紹介。ニュースに対する各方面からの反応をまとめたブログです。 今一番ホットな話題は何なのか、しっかりチェッゥ!

    カテゴリ:政治 > 問題発言・スキャンダル



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ばーど ★ :2018/09/24(月) 07:11:32.06

    ※たまたまスレ

    自民党の加藤寛治衆議院議員が「3人以上の子どもを産み育てていただきたい」などと発言し、地元・長崎の自民党の女性県議会議員が野党議員とともに記者会見を開いて抗議したことを受け、党県連は、この議員の県連での役職を再任せず、事実上更迭することを決めました。

    自民党長崎県連の会長を務める加藤寛治衆議院議員は、ことし5月、自民党細田派の会合で人口減少問題に関連し、「新郎新婦には必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい。結婚しなければ、ひとさまの子どもの税金で老人ホームに行くことになる」などと発言し、その後、謝罪して発言を撤回しました。

    これを受けて、自民党のごうまなみ長崎県議会議員は、共産党の県議会議員などと記者会見を開いて抗議したところ、当時の県連幹事長は野党議員とともに会見を開いたことを問題視し、口頭で厳重注意をしていました。

    こうした中、22日、長崎市内のホテルで開かれた県連の会議で、ごう議員について、県連の政務調査副会長と広報副委員長の役職を再任せず、事実上、更迭することを決めました。

    ごう議員は、NHKの取材に対し、「自民党関係者にご迷惑をおかけしたことは深くおわびする。女性の権利を向上させるために引き続き努力したい」と述べました。

    https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180922/5030002058.html
    前スレ
    【美しい国】加藤発言「3人以上の子どもを産み育てていただきたい」に抗議の女性県議 自民党県連が事実上更迭★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537714522/


    【加藤(衆長崎2区)発言「3人以上の子どもを産み育てていただきたい」に抗議の女性県議 自民党県連が事実上更迭】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ガーディス ★ :2018/09/18(火) 05:41:06.54

    たまたま
    9/17(月) 22:40配信
     安倍晋三首相と石破茂・元幹事長は17日のTBS番組に出演し、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」と主張した問題について意見を交わした。

     首相は「私の夫婦も残念ながら子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる。同じ自民党。『もう辞めろ』ではなく、まだ若いから、注意をしながら、仕事をしてもらいたい」と語った。

     石破氏は「生産性の理解が全然足りない。どれほど傷ついた人がいるか」と指摘。杉田氏が昨年の衆院選比例中国ブロックで、比例単独候補の中では最上位だったことに言及し、「私も総理も中国ブロック(が選挙区)。彼女が1位になったのは衆院解散の日に知った。それは本当にいいことだろうか」と述べ、杉田氏擁立の経緯を党が明かすべきだとの考えを示した。

    朝日新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000048-asahi-pol&pos=1


    【杉田氏の「生産性」発言に安倍首相もショック「大変つらい思いに私たち夫婦もなる】の続きを読む



    保守系議員の突拍子もない発言が連日のように話題になる中、「伊勢崎のジャンヌダルク」を自称する群馬県伊勢崎市の伊藤純子市議が8月8日、ツイッターで「国民主権」に関して斜め上を行く解釈を披露し、ネットで注目を集めている。

    「今一度、辞書で調べてみてください。主権とは『国民および領土を統治する国家の権力。統治権』の意。『国家が他国からの干渉を受けずに独自の意思決定を行う権利。国家主権』。つまり、国語的に、主権は『国民』ではなく『国家』にあるのです。また国家主権が国民を蔑ろにすることなどあり得ません」


    「国民が偉いわけでも、無条件で与えられるものでもなく、先人から受け継いだ権利」


    伊藤純子市議のツイート

    憲法第1条で定められた象徴天皇制と国民主権は、中学校の公民で習うレベルの内容だ。そうした基本的な知識を欠いた人が議員を務めていることに対してネットでは「議員の国家資格創設して、最低限度の資質は保証した方がよい」と批判の声が相次いでいる。

    戦史・紛争史研究家の山崎雅弘さんも8月12日、ツイッターでこう批判した。

    「民主主義国における国民主権と、外交における国家主権をわざと混同して誤認させ、後者を前者に被せて前者を否定する悪質な詭弁術としか言いようがない」

    伊藤市議の言う「国民および領土を統治する国家の権力」はあくまでも諸外国に対する対外的なものであり、国民主権とは別のものだ。しかし伊藤市議はこの2つを混同し、「国家に主権がある」という誤った認識を持ってしまっている。

    また8月12日には重ねて、自らの「主権」に関する解釈を披瀝した。

    「『主権』とは、私たちの先祖、そのまた先祖といった先人たちがこの国を作って、築いて、守って、今日まで伝えてきたその努力と義務を果たした相続権。相続する権利』。人民主権=国民が偉いわけでも、無条件で与えられるものでもなく、先人から受け継いだ権利」

    こうした不可解なツイートに対しても「偉いとか偉くないとかじゃなくてさ」「まず相続と主権の関係を説明してください(笑)」と呆れる声が上がっている。


    伊藤市議、過去にもトンデモ発言 「男女混合名簿は青少年の心を乱す」

    伊藤市議は2006年にも男女混合名簿に反対し、ネットで話題になったことがあった。モデル募集サイトで報酬と引き換えにモデルを引き受けた少女が性犯罪の被害にあっているという新聞報道に対し、ブログで「男子から金を巻き上げようとした女子のよこしまな考えがこのような結果を生み出した」と被害者を非難。そこから飛躍して、男女混合名簿への反対を主張していた。

    「(こうした犯罪が起きるのは)『男と女は平等だ』だとか、思春期に男子との接触が近くなりすぎて、男女間の意識が希薄し、何のためらいも、恥ずかしさも感じない男児・女児が増えているからではないでしょうか?!したがって『ジェンダー教育こそ、性犯罪の起因となるもの』と定義します。恥ずかしながら、伊勢崎市が全国第7番目に施行したと豪語する『男女混合名簿』なんてものは、青少年の心を乱すとんでもない代物であります。もう、見過ごすわけにはいきません!」

    こうした突飛な主張をする伊藤市議は、日本会議首都圏地方議員懇談会の会員。復古主義的な主張で知られる日本会議には稲田朋美議員らも所属している。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【政治】群馬県伊勢崎市・伊藤市議 国民主権について独自の見解をツイート】の続きを読む



    自民党の議員がLGBTへの無理解を示し、また批判が相次いでいる。谷川とむ衆院議員(42)は7月29日、「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」(Abema TV)に出演し、"同性愛は趣味""同性婚を認める法律を作る必要はない"と発言したのだ。

    こうした発言を当事者はどう受け止めているのか。男性パートナーと"結婚"し、夫夫(ふうふ)生活を送る七崎良輔さん(30)は、「もし無知による発言なのであれば、即刻議員辞職された方がいいと思います。『趣味ではない』とわかっていて、あえてこの言葉を使ったのであれば悪意に満ちているため、こんな人間が議員である事を恥に思います」と厳しく批判する。


    谷川氏「男と女が結婚して、子を授かって、国を衰退させないようにしてきた」


    AbemaTVの公式サイトより

    番組では、ゲスト出演した乙武洋匡さん(42)が、"なぜ同性婚や夫婦別姓を認めないのか"と問題提起した。

    「結婚する人はこれから全員夫婦別姓にしなさいと言っているわけではありません。あくまでも選択的夫婦別姓です。今まで結婚というものは、異性愛者にしかメニューとして用意されていなかった。それを同性愛者の方にも用意する。また結婚する時に名字も同じでなければいけないというメニューだけから、別々の名字のままでもいいよというメニューも用意するということに、なぜ踏み切れないのかが全く理解できません。どちらかに統一しろという話なら賛否両論が出ると思いますが、今選択肢がなくて困っている人に選択肢を用意することはごく自然なことだと思う」

    これに対して、出演していた文筆家の鈴木涼美さん(35)や元SEALDsの諏訪原健さん(25)らは「そう思う」と賛意を表明。唯一、谷川氏だけが「そう思わない」と反対した。

    「同性婚とか夫婦別姓、多様性を認めないというわけではないんですけど、それを法律化する必要ないと僕は思っているんですね。『趣味』みたいなもので。(中略)わざわざ同性婚を認めますという法律は作る必要はないと思ってます」

    多様性を否定するわけではないが、法律で認める必要はないという主張だ。なぜそう考えるのか、次のように語った。

    「『伝統的な家族のあり方』っていうのであれば、僕の定義ですけど、男の人と女の人が結婚して、そこで子を授かって、家族っていう形態ができて、それを本当に大昔からずっと皆さん同じようなことをして、国を衰退させないように、国が滅びないようにしてきたわけですよね」

    どうやら子どもを作れない、すなわち国の維持に寄与できない以上、同性愛者の結婚を認める必要がないと考えているようだ。"同性愛者は子どもを作らず、生産性がないから税金を使う必要がない"と主張した自民党・杉田水脈議員の差別発言にも通じるものがある。


    「共同名義の住宅ローンを組めない」 結婚できないと様々な不利益が

    こうした自民党議員の心無い言葉を当事者はどう受け止めているのか。東京都江戸川区で「LGBTコミュニティ」を主催し、自身も同性のパートナーと暮らす七崎良輔さんは、「『同性愛』は『趣味』と言う人が未だにいることを残念に思います」と話す。

    「僕が思春期の頃、同性に心を惹かれ、自分は同性愛者ではないかと思った時期があります。でもそれを認めるのがとても怖かった。イジメを受けても、僕が変だからしょうがないと周りの大人や先生は言いましたし、自分でもそう思っていました。僕は自分が嫌いで仕方なかったのです。それを『趣味』と言えるでしょうか。自分で選択した訳ではないのです」

    そしてやはり法律で同性婚を認めることが必要だという。

    「異性同士は結婚し社会保障などで守られますが、私のような同性カップルは弊害が沢山あります。そこをまずは平等にすることが大切だと思っています。例えば、僕たちはマンションを購入する時に共同名義のローンを組めませんし、名義人が亡くなった時にもう一方が相続できるのかという不安を抱えています」


    「異性愛者の権利はビタイチ侵害されないというのに」

    谷川氏の発言が報道されると、ネットでも批判が噴出した。同性愛が趣味なら「異性との結婚も子育ても趣味みたいなもんだろ。なんで個人の趣味に税金使ってるの?」という声も多かった。異性愛でも同性愛でも恋愛や結婚は個人の"趣味"という意見だ。

    しかし谷川氏からすれば、異性愛者なら子どもを産み、国家を繁栄させることができるということになるのだろう。こうした考え方については、「国民は国に奉仕せよという思想が滲み出てて、控えめに言ってクソですね」といった批判が上がっていた。

    また乙武さんが指摘していたように、同性婚も夫婦別姓もそれを望む人が新たに権利を獲得できるというものだ。「異性愛者や同一姓希望者の権利はビタイチ侵害されないというのに、なぜにそんなに他者に権利を与えることを脅威に感じるのだろう」と疑問に思う人がいるのも頷ける。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【また差別発言】自民党・谷川とむ 『同性愛は趣味』発言に非難の声】の続きを読む



    (出典 kenjisato1966.com)



    1 スタス ★ :2018/08/03(金) 23:41:15.10

    夜の政治スレ

    「生産性ない」発言に批判広がる 障害者団体などが抗議組織
    2018年8月3日 18時12分
    NHK

    自民党の杉田水脈衆議院議員が、月刊誌で性的マイノリティーの人たちについて、「『生産性』がない」などという考えを示したことを受け、障害のある人や難病患者を支援する団体が、『生産性』で人の価値をはかる考えが広がるおそれがあるとして、横断的な組織を立ち上げ、抗議の意思を示していくことになりました。

    自民党の杉田議員は、先月、月刊誌で性的マイノリティーの人たちについて、「子どもを作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することがいいのか」などという考えを示しました。

    これを受け、障害のある当事者らの団体や難病患者の支援団体が、障害や難病によって出産や働くことが難しい人たちもいる中、性的マイノリティーの人だけの問題ではないとして、横断的な組織を立ち上げることになりました。

    事務局を務める難病のALS=筋萎縮性側索硬化症などの患者の支援団体のもとには、当事者から「病気で子どもを産めない自分の価値を否定されているようだ」といった声が多く寄せられているということです。

    この団体の職員で、筋肉の難病を発症した40代の女性は「『生産性』という言葉はいろいろな人を傷つけていて、怒りを通り越して悲しい気持ちです」と話していました。

    団体の事務局長を務める川口有美子さんは「『生産性』で判断する主張は、障害者殺傷事件を起こした被告の考え方と根っこでは同じではないかと感じます。多様性を認める社会になるよう声を上げていきたい」と話していました。

    新たな組織は、来週、会見を開いて抗議の声明を発表することにしています。


    NHKの特設サイトにも投稿相次ぐ

    19人が殺害された障害者殺傷事件のNHKの特設サイトには、障害のある当事者などからも『生産性』で人を区別する考えを批判する投稿が相次いでいます。

    人を生産性で区別する考えをめぐっては、19人が殺害された障害者殺傷事件の被告が、生産能力のない重度の障害者は生きている価値がないという趣旨の発言を繰り返しています。

    今回、杉田議員はLGBTの人たちについて言及していますが、こうした考えについては、障害のある当事者やその家族からも反発の声が上がっていて、障害者殺傷事件のNHKの特設サイト「19のいのち」にも批判する投稿が相次いでいます。

    重い知的障害のある娘がいる千葉県の40代の母親は「自分の考える基準がすべて正しく、その枠組みからはみ出た人は切り捨てるべきとの考えはごう慢で危険だと思う。『生産性』うんぬんを言う人は自分自身の価値をどれほど高く見積もっているのだろう」と批判しています。

    東京都の障害のある50代の女性は「健常者で、子どもを作る、生むことができる人がすぐれた人間なのか。私も障害者ですが、19の命が奪われてから社会は私もいらないと思っているという考えにとらわれて苦しんでいます」と疑問の声を寄せています。

    また、長野県の30代の会社員の男性は「政治家に限らず世の中の多数がマイノリティーに対する偏見が根強いと思う。一人一人が当事者意識を持たなくてはならない」としています。
    性的マイノリティー支援団体は
    レズビアンで子どもが欲しい性的マイノリティーの人たちの支援などを行っている団体「こどまっぷ」の長村さと子代表理事は「そもそも生産性で人間を語ることは間違っている。生産性のあるなし、国に利益をもたらすかどうかで税金を投じるかどうかを決めるのはおかしいことだと思います」と話しています。

    団体は8年前から子どもが欲しいと考える性的マイノリティーの人たちの交流会を開いていて、参加者はこれまでに400人を超えています。

    長村さんはパートナーの女性との間で子どもを育てたいと考えていて、「私たちのように子どもが欲しいと思っていたり、すでに実際に子育てしている同性カップルもいます。今回の発言は、そういう人たちの存在が無視されているし、その言葉がどういう風に人を傷つけるのか想像できないのでしょうか。疑問や怒りや悲しみの気持ちが湧いてきます」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180803/k10011562511000.html?utm_int=news_contents_news-main_002


    【海外】杉田水脈のLGBT差別発言「日本の恥」全世界に発信 米国、英国、フランスの有力メディアが報道(衆比中国ブ自民)★5
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533296628/

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533298935/


    【【LGBT問題】杉田水脈議員『生産性ない』発言に広がる抗議の動き】の続きを読む

    このページのトップヘ